広島カープ応援サイト REDCARPがリニューアル

2007年03月10日

広島カープ 投高打低の1安打勝利

ソフトバンク戦、辛勝利
2−1で勝利!
広島○長谷川(1勝0敗)林 広池 S梅津(2セーブ)
ソフトバンク 斉藤和 ●竹岡(0勝1敗) 三瀬 藤岡 森福 柳瀬
[本塁打] 松中2号(ソ)

昨年、開幕で何度も見てきた。
投手が好投すればするほど、打線は落ち込んでいく
本来黒田ももっと勝ち星がついていたのではないかと思うほどに、エースの登板の時に打てない打線。不安のつのる広島打線はまだまだ健在だ。
ここ最近は投手陣に助けてもらっている感がある。
広島打線は爆発力こそすごいが、ここ一番の勝負どころでなかなか打てないのも事実。接戦での勝率も非常に悪い
投手陣もなかなか援護射撃のない打線を尻目に、シーズン後半はばててしまう。昨年もそうだが、今年もその傾向はありそうだ。
嶋、栗原あたりの不振が問題点としてあげられるが、まだまだオープン戦これからと言ってしまえばそれまでである。
好調である打線は、裏を返せば残留の山である、チャンスになかなか打てない試合も結構多い。クリーンナップの構想は、前田、新井、嶋、栗原でいいと思うが。
前半戦はかなり苦労するかもしれない。
前田、新井あたりがどれだけこれからチャンスを得点に結びつけるかが今の打線のカギであろう
今絶不調の嶋と栗原、やはり1月にアメリカへ行った疲れが今影響しているのかもしれない
打線で一番問題なのはこの二人である。この二人がどこまでうてるかが勝負のポイント。早く復調してもらいたいものだ。

それにしても、長谷川は圧巻である。6回を投げてホームランの一本に抑えるとは。相手は調子があがってきているソフトバンクだけに、本人もかなり手応えを感じているのではないだろうか?
オープン戦ではあるが、連続ゼロイニングは24でストップしたが。後続の投手たちも全くスキを与えない見事な0封リレー
いい感じである。
おそらく長谷川は4番目の先発投手は決まりだと思います
ここまで、本当にすばらしい活躍をしてくれています。これだけの結果をだして先発候補になれなかったら嘘でしょう。
課題にあがったクイックも修正し、制球力もずいぶんよくなりました。今までの長谷川と何が違うかと言えば、やはり「我慢」ができるようになったことでしょう。以前の長谷川は一発打たれたら、しびれを切らしたように崩れていきました
今季は二ケタ勝利をめざしてがんばってもらいたい
いや、今季こそ新生長谷川の誕生だと信じています。

明日は、尾道でのソフトバンク戦です。
現在はこちらの地域は雨が降っております。明日試合までにはやんでほしい。明日はしっかり応援してきます。もしかしたら、そろそろ大竹あたりがみれますかね?
また明日報告します。
posted by REDCARP管理人 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | 広島カープ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ホークスvsカープ オープン戦 3/10
Excerpt: J-SPORTSで、ホークスvsカープのオープン戦を観戦していました。 C 0 0 0 0 0 2 0 0 0   2 H 0 0 0 0 1 0 0 0 0   1 - 福岡Yahoo..
Weblog: mints life
Tracked: 2007-03-11 02:22