広島カープ応援サイト REDCARPがリニューアル

2007年08月06日

広島カープ エース黒田登板も虚しく3連敗

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  
阪神 0 0 4 0 0 0 0 0 0       4
広島 0 0 0 2 0 0 0 0 0       2

今日負ければ3連敗、ここで登場するのがエース黒田。この悪い流れを取り戻すべく第6の男宮崎ではなくエース黒田が連敗を阻止するべくマウンドに降りた。
黒田は3回に一気に大炎上、思わぬ形で4失点と悪い流れを断ち切ることが出来なかった。
打線も黒田をもう一押し後押しできずに逆転に結びつけることが出来なかった。まさに悪循環の真っ最中
悪夢の連敗、打てぬ守れぬミスの連続、この3連戦はツキも無ければ、運もない、勝利の女神に見放されたような試合展開
エース陥落により、泥沼の様相を見せた広島カープはたしてこれからどんな末路を迎えるのだろうか?
拙攻、そしてミス、守乱!
投手陣が好投すれば拙攻、野手陣が打てば投壊
リズムが悪いのもここまでくればかなり深刻である。開き直るしかないのが本来の思いだが
しかし、チャンスが逆にピンチのようにあたふたする打線、攻めのリズムも気持ち次第
負け癖がつきすぎている要因が多々ある、チームの低迷は選手の気持ちの中にある
負けすぎて自身を失い、一度ペースを握られたらなかなか取り戻すことが出来ないチーム
チーム事態が試合を重ねるたびに自滅への方向をつきすすんでいるかのようだ

チーム内の信頼感、そして監督との信頼感、どれをとってもバラバラに動いている
何とかしたい思いが空回りして、その空回りの思いがバットに空を切らせる
ファンもため息、選手もため息、監督もまたため息、とやるせない思いだけがチームに蔓延する
今一度チームのメンタル面の改善をここに希望したい

青木、梅津、永川の必勝リレー
横山不在の中継ぎ陣、ここで新たな必勝リレーが徐々に確立しようとしている
チームの状態は確かに悪い、しかしこうした必勝リレーこそが明日につながる一つの財産となる
青木が予想以上の活躍で、中継ぎ投手陣をカバーしてくれている。危なげない投球内容、培われた経験
徐々にベンチサイドの信頼を獲得している、正直いまでは広島の投手陣に無くてはならない存在だと思っている
彼の活躍こそが梅津へいい流れを呼び、永川への勇気を与える
再び投手陣を復活させるには、彼の好投はかかせない
現在は試合でかなり起用が増えているが、あまりにも多投しすぎてつぶれてしまうのが心配だ、今一度起用方法を見直してもらいたい

投手陣はたしかに打ち込まれる場面も多いがこうしたいい流れが生まれそうな気配もある、これから地元市民球場での戦いが多いだろう
ファンを喜ばすためにも、打線の奮起に期待したい
気持ちだけは切れて欲しくない、がんばれ広島カープ
posted by REDCARP管理人 at 02:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | 広島カープ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

● 8/5 阪神14回戦 広島 2 vs 4 阪神 〜 さぁ!ホントの(併殺)祭りはこれからだ!((;゚Д゚)ガクガクブルブル 〜
Excerpt: 昨日(4日)の試合のブログのエントリーでわたくし、わ〜い!併殺・残塁祭りだ〜!アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノみたいなことを書きました。しかしどうやら勘違いしていたようです。つまり昨日(4日)の試合は前..
Weblog: 徒然なるままに自然の流れで
Tracked: 2007-08-06 05:24