広島カープ応援サイト REDCARPがリニューアル

2007年08月08日

広島カープ 自滅の逆転負け

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  
広島 0 0 0 1 1 1 0 0 0       3
中日 0 0 0 1 0 0 5 0 0       6
鬼門ナゴヤドームは未だ健在である
いや、鬼門というとナゴヤドームに問題があるようだが本質はそこではない
全ては拙攻とミス
今日はその言葉のみである
先発は青木、不運の投手は6回までを1失点で切り抜ける好投を見せた
しかし、ここが青木の運のなさである、その次の回には一挙5失点、目を疑うような大逆転にただ言葉を失った。
接戦で負ければもう少し受け入れることができるかもしれないが、そうではない完全自滅の弱小チームの典型的パターンである。
チャンスものにできず、守りもリズムを失い、梵・新井の大失策。
今シーズン不調がつづく梵も守備で焦り、ポテンヒットを献上すれば、1点差になった1アウト1・3塁の場面ではゴロを捕球した新井が本塁に投げようとしてあきらめた後、一塁へ大暴投。
全てのプレーが空回りである
土壇場での精神力、そしてピンチを守り抜く力、上位チームとの格の違いを改めて教えられた。
鬼門ナゴヤドームではない、今日は負けるべくして負けた。もう言葉が出てこない。

しかし、投手陣では横山の復帰や、青木の好投などうれしいニュースもある
新井も失策はしたが、チャンスで打てている、4番が打てば勝率は上昇するだろう
問題は、この敗戦で投手陣がしびれを切らさないかどうか?それが気になるところではある
チームの低迷は、あたりまえの野球ができないことである。
野球は守備から、堅実な守りをができるかいなかで大きく変わってくるだろう
しっかり守り、投手のリズムを作る、そしてその流れにのり打線で盛り上げる
特別なことをやってもしかたがない、特別なことをしないことが特別である
まずは堅実な野球、ここを今のチームに目指してもらいたい
がんばれ広島カープ
posted by REDCARP管理人 at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック